【オールカマー】ルージュバックが勝利!戸崎騎手に対する最高に皮肉な結果・・・”不名誉”な記録も継続

スポンサードリンク

<オールカマー>◇24日=中山◇G2◇芝2200メートル◇3歳上◇出走17頭
北村宏司騎手(37)が手綱を取った5番人気ルージュバック(牝5、大竹)が、激戦を制した。勝ち時計は2分13秒8。
好スタートを決め、道中は好位で待機。直線で最内から力強く抜け出した。

最後は内ラチ沿いをしぶとく抜けてきた。初コンビを組んだ鞍上も
「いいスタートを切ったし、馬場も良かったので流れに乗っていけました。
ゴチャついたところはあったけど、直線はよく伸びてくれた。思っていたとおり、いい馬でした」と振り返った。
次走のエリザベス女王杯(G1、芝2200メートル、京都=11月12日)で悲願のG1初制覇を狙う。
なお、北村宏騎手は4コーナーで外側に斜行。
マイネルディーン、タンタアレグリア、アルバート、マイネルサージュの進路が狭くなったとして、
9月30日から10月1日まで2日間の騎乗停止処分となった。
2着は1番人気のステファノス、3着にはタンタアレグリアが入った。”


以上、日刊スポーツより

土曜日に1勝、日曜日に2勝を挙げ4年連続リーディングに向け着実に勝ち星を稼いだ戸崎騎手。

日曜日のメイン、オールカマー(GⅡ)には1番人気ステファノスに騎乗し2着に敗れました。

結果は戸崎騎手にとってなんとも皮肉な結果となってしまいました。

勝ったルージュバックは新馬戦から戸崎騎手が騎乗しており過去15戦中、14戦を共に戦った元相棒。

今回、捨てる形となったルージュバックが昨年天皇賞秋からの連敗を止めての勝利となりました。

これで戸崎騎手の今年のGⅡ以上未勝利も継続。
次のチャンスこそものにしてもらいたいところです。


それにしても、
勝ったルージュバックという馬は本当に不思議な馬だと感じます。

レースが終わってみれば
確かに昨年の天皇賞・秋からの4戦は相手が強かったのだと思います。

しかし、同馬は得意距離は1800m、揉まれ弱く外に出さないと伸びないと思っていたのがあっけなく覆されました。
2200mという距離もなんのその。内ラチの経済コースから最後は内を割っての勝利。

しかも、ルージュバックは今回のオールカマーの勝利で重賞4勝目となるのですが、
きさらぎ賞、エプソムC、毎日王冠、オールカマーと全て牡馬混合戦。

新馬、500万を含めると6勝全てが牡馬混合戦で牝馬限定戦は未勝利なのです。

日刊スポーツによれば次走はエリザベス女王杯とのこと。

悲願のGⅠ制覇そして初の牝馬限定戦による勝利はあるのでしょうか?

気が早いとは思いますが、この土日でルメール騎手は6勝とリーディング首位の戸崎騎手を猛追。

戸崎騎手には早くビッグレースを勝ってもらいたいですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です