コパノリッキー 来春種牡馬入り Dr.コパが語る”強運”な出生の秘密とは?

スポンサードリンク

10/9 盛岡で行われた統一GⅠ マイルCS南部杯


1番人気のコパノリッキー(牡7、村山)は道中3番手から直線で力強く抜け出し、連覇を飾りました。

G1レース10勝目は、ホッコータルマエと並び最多勝タイ記録!

日刊スポーツによると

“マイルCS南部杯を制したコパノリッキーは来春、

北海道日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで種牡馬入りする”とのこと。


ネット上では

「ビッグアーサーといい
日高地方の期待馬だね」

「日本のダートにはピッタリの種牡馬になりそう」

など、コパノリッキーの種牡馬としての活躍を期待する声がありました。

 

デビューから7歳まで息の長い活躍でG1・10勝目をあげたコパノリッキーですが

私が印象に残るレースはやはり2014年フェブラリーSです。

16頭立ての最低人気とまったく評価されていませんでしたが、

レースでは2番手を追走し、最後の直線で先頭に立つと追い込んできたホッコータルマエを振り切り半馬身差をつけて優勝。

鞍上の田辺裕信騎手とともにGI初勝利。

単勝最低人気の馬がGIを勝利したのはJRA史上4度目。

単勝2万7210円は、1989年エリザベス女王杯のサンドピアリスに次ぐGI史上2番目の高配当でした。

衝撃のGⅠ初制覇だったのを思い出します。

 

その後は、フェブラリーSを連覇や帝王賞を1勝、かしわ記念を3勝、JBCクラシックを2勝、

そして先日の南部杯で2連覇。

獲得賞金は地方・中央を合わせると8億円を超えるようです。

 

そんな、大活躍を見せるコパノリッキーですが、

その血が途絶える可能性があったようです。

馬主であるDr.コパこと小林 祥晃氏の2014年のコメントとは?

 

さすがはコパさん、処分寸前の馬がG1・10勝馬を輩出し

獲得賞金も8億越えとは本当に凄いです。

スポーツ報知によると

“次走はチャンピオンズC(12月3日、中京)を予定。

その後は東京大賞典(同29日、大井)か、川崎記念(来年1月31日、川崎)の参戦を見据える。

「(最多のG1)11勝目を挙げてから引退させてあげたい」と小林オーナー。”


コパノリッキーはまだまだ活躍できそうなので、

年内での引退は残念ですが、是非とも新記録となるGⅠ 11勝目を達成し

無事に種牡馬となって欲しいです。

そして、一度途絶えそうになったコパノリッキーの血を持つ子供たちの

今後の活躍に期待しようと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です