キタサンブラック引退 獲得賞金オペラオー超えの可能性は?

スポンサードリンク

世紀末覇王の壁を超えられるのでしょうか?

JRAは20日、G15勝を挙げた昨年の年度代表馬キタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が、年内で引退すると発表した。天皇賞・秋(10月29日、東京)、ジャパンC(11月26日、東京)、有馬記念(12月24日、中山)の3戦を使った後、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。歌手・北島三郎がオーナーの同馬はここまで17戦で、G15勝を含む10勝をマーク。獲得した収得賞金は歴代5位に入る13億4413万9000円となっている。

以上、スポーツ報知より
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171020-00000077-sph-horse

記事内でキタサンブラックの獲得賞金は約13億4千万とのこと。

歴代獲得賞金を調べてみたところ、1位は世紀末覇王と呼ばれたテイエムオペラオー。

ウィキペディアによるとその額はなんと18憶3518万9000円!

 

2017年のドバイワールドカップをアロゲートが優勝するまで

獲得賞金世界1位の座をキープし続けました。

2000年に8戦8勝と言う年間無敗記録を打ち立て、

秋には古馬GⅠ三冠を達成し1億円の褒賞金も上積みされており

ボーナスを含めると約19憶3500万ということになります。


キタサンブラックにも秋古馬GⅠ3冠の可能性が残りますが、

褒賞金を抜きにしたキタサンブラックとテイエムオペラオーの差は約4憶9500万円

褒賞金を含めた場合のキタサンブラックとテイエムオペラオーの差は約5憶9500万円


現在の春&秋の古馬3冠への褒賞金について

春の古馬3冠(大阪杯、天皇賞春、宝塚記念)=最大2億円のボーナス
秋の古馬3冠(天皇賞秋、ジャパンC、有馬記念)=最大2億円のボーナス

いずれも3冠達成の時点でJRAから2億円の褒賞金が貰えます。

GⅠレースの1着賞金は以下の通りです。

天皇賞・秋 1.5憶

JC    3憶

有馬記念  3憶

つまり、ボーナス込みで秋の古馬3冠は合計で9億5000万円という賞金額になります。

しかしながら、同一年度にGⅠを3連勝するというのは難しく、

これまでこの褒賞金を手にした馬は

テイエムオペラオー(2000年)

ゼンノロブロイ(2004年)

の2頭のみ。


もしもキタサンブラックが秋古馬3感達成した場合は

獲得賞金約20憶9000万

ボーナス込みだと約22憶9000万

というとんでもない金額となります。

 

その場合はもちろんテイエムオペラオーを抜き歴代1位、またGⅠ8勝も最多となります。

それ以外に、テイエムオペラオーを抜くことが出来るのは

JCと有馬記念の2レースを優勝する場合だけかと思います。

 

ちなみに、テイエムオペラオーは1997年の市場にて1000万程で取引きされたといわれ

キタサンブラックにしても北島オーナーが、数百万で購入したと言われているそうです。


キタサンブラックは歴代獲得賞金1位となることはできるのでしょうか?

秋の古馬3冠に注目しようと思います。

 

「馬券を買うお小遣いが欲しい!」
ネットビジネス超初心者必見!

▼インターネットビジネスを始めるかどうか悩んでいる方
▼インターネットビジネスを始めようと情報収集しはじめた方
▼インターネットビジネスに取り組み始めたんだけど、成果がなかなか出ない方

インターネットビジネスの歩き方 商品名「インターネットビジネスの歩き方」

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です