キセキの次走はジャパンC!?死のローテ「菊花賞→ジャパンC」よりも呪われたローテは「菊→○〇」!

スポンサードリンク

興味深いデータを見つけました。

菊花賞を制し、26日に滋賀県の吉澤ステーブルWESTに放牧に出されたキセキ(牡3歳、栗東・角居)が、ジャパンC(11月26日・東京)参戦を視野に入れていることが分かった。
香港ヴァーズへの招待が届いたことを受け、角居師が「オーナーには行ってもいいとは言われているが、まずはジャパンCを目標につくっていこうと思います」と語ったもの。「間に合わなければ予定を延ばして」と馬の状態を見ながら決定していく方針だ。


以上、デイリースポーツよりhttps://www.daily.co.jp/horse/2017/10/27/0010679467.shtml

これに対してネット上では

「菊→JCは死のローテ」

「年内休養にした方が良い。馬がかわいそう」

「有馬までゆっくりしてほしい」

と言った、声を目にしました。

 


その多くは

不良馬場の菊花賞で激走を見せた馬への

体調を心配する声が多かったように思います。

特にキセキに関しては将来が楽しみな馬

ここで無理をしないことが1番だと思います。

 


その上で、過去20年の菊花賞馬の

ローテーション別の成績を調べてみました。


年-馬名-次走 着順

※(カッコ内)は古馬になってからのGⅠ勝利数です。


2006ソングオブウインド 香港ヴァーズ4着(0勝)


「菊花賞→JC」

2000エアシャカール   JC14着(0勝)

2004デルタブルース   JC3着(豪州1勝)

2008オウケンブルースリ JC5着(0勝)


過去20年では出走頭数そのものが少ないとはいえ

古馬になってからG1勝ちがあるのは

メルボルンC(豪州)を勝ったデルタブルースのみ

「死のローテ」と言われているのがわかる気がします。


「菊花賞→年内休養」

1997マチカネフクキタル 年内休養(0勝)    

2003ザッツザプレンティ 年内休養(0勝)    

2007アサクサキングス  年内休養(0勝)    

2010ビッグウィーク   年内休養(0勝)    

2013エピファネイア   年内休養(1勝) 

2014トーホウジャッカル 年内休養(0勝)


菊花賞勝ちの後、年内休養だった場合は

古馬になってG1を勝ったのは

2014JCを勝ったエピファネイア1頭のみ

「死のローテ」より酷いと言えそうです。

「菊花賞→有馬記念」

 
1998セイウンスカイ   有馬4着(0勝)

1999ナリタトップロード 有馬7着(0勝)

2001マンハッタンカフェ 有馬1着(1勝) 

2002ヒシミラクル    有馬11着(2勝) 

2005ディープインパクト 有馬2着(4勝)  

2009スリーロールス   有馬中止(0勝)

2011オルフェーヴル   有馬1着(2勝)  

2012ゴールドシップ   有馬1着(3勝) 

2015キタサンブラック  有馬3着(4勝)10/28現在

2016サトノダイヤモンド 有馬1着(0勝)10/28現在


菊花賞から有馬記念というローテが

古馬になってからの活躍馬を多く輩出している

王道ローテと言えそうです。

 

キセキに関しては

条件戦とはいえ新潟でキレる脚を見せており

適性としては有馬記念よりJCという陣営の

判断なのかもしれません。

 


しかし菊花賞まで年内7戦走っており

しかも菊花賞は相当にタフなレース

やはり体調が心配されます。

記事内では”馬の状態を見ながら決定していく方針”

とありますので

まずは無理をしないことが1番


過去のデータからは

可能であれば次走は有馬記念で

偉大な名馬への道を歩んで欲しいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です