アルゼンチン共和国杯「今年の3歳は低レベル?」スワーヴリチャード(デムーロ)、セダブリランテス(戸崎)の取捨をどうしましょうか?

スポンサードリンク

 

今年の3歳馬は低レベルと言われていますが、本当なのでしょうか?


11/5アルゼンチン共和国杯(GⅡ)には3歳馬2頭が出走予定

netkeiba.comによると現在の予想オッズは

1人気 スワーヴリチャード3歳 2.3倍
2人気 アルバート  6歳  3.0倍
3人気 セダブリランテス 3歳 6.2倍

となっております。

上位人気が予想される3歳馬2頭ですが、

ネット上では「今年の3歳馬は低レベル」という声をよく目にします。

菊花賞の頃にも古馬混合の1000万条件を勝つ3歳馬が少ないと話題になっていたと思います。


10月からの古馬混合重賞(芝)での3歳馬の成績を振り返ってみると

10/8毎日王冠
ダイワギャグニー (牡3) 4着(7人気)
ソウルスターリング(牝3) 8着(1人気)

10/21富士S
レッドアンシェル (牡3) 4着(8人気)
ペルシアンナイト (牡3) 5着(2人気)
サトノアレス   (牡3) 6着(6人気)
ジョーストリクトリ(牡3) 14着(14人気)

10/28スワンS
サングレーザー  (牡3) 1着(2人気)
ジューヌエコール (牝3) 12着(6人気)
ミスエルテ    (牝3) 15着(8人気)
カラクレナイ   (牝3) 16着(4人気)

10/29天皇賞秋
ソウルスターリング(牝3) 6着(4人気)
カデナ      (牡3) 16着(17人気)


スワンSでサングレーザーが勝ったものの

オークス馬や皐月賞2着馬は古馬相手に敗戦


ダービー馬レイデオロ、菊花賞馬キセキの

ジャパンCでの活躍が待たれます。

 

ちなみに10月からの1000万条件以上の
3歳馬の勝ち馬は以下の通りです。

10/07京都芝1400m 久多特別1000万
1着ペスカネラ(牝3)

10/08東京芝1600m 鷹巣山特別1000万
1着ボーダーオブライフ(牡3)

10/08京都芝1800m 清滝特別1000万
1着クリノヤマトノオー(牡3)

10/14京都芝1600m 清水S1600万
1着ミスパンテール(牝3)

10/15京都芝2400m 3歳上1000万
1着レジェンドセラー(牡3)

10/21東京芝2400m 3歳上1000万
1着ヘリファルテ(牡3)

10/22京都芝1800m 堀川特別1000万
1着テーオービクトリー(牝3)

10/29京都芝1800m カシオペアSOP
1着アメリカズカップ(牡3)

10/29京都芝1400m 3歳上1000万
1着マイネルバラディ(牡3)

非重賞では思ったより勝っている印象です。

 


話をアルゼンチン共和国杯に戻しますと

このレースの過去10年の連対馬を見てみますと

07 1着アドマイヤジュピタ

08 1着スクリーンヒーロー
  2着ジャガーメイル

09 2着アーネストリー

10 1着トーセンジョーダン
11
12
13 2着アドマイヤラクティ

14 1着フェイムゲーム

15 1着ゴールドアクター

16 1着シュヴァルグラン

07年のアドマイヤジュピタは天皇賞・春
08年のスクリーンヒーローはジャパンカップ
10年のトーセンジョーダンは天皇賞・秋
15年のゴールドアクターは有馬記念

を後に勝利してGⅠ馬となっていますし

その他の馬もGⅠ連帯は果たしており

このレースの連対馬は後に飛躍するタイプが多いと言えそうです。

 


ダービー2着馬のスワーヴリチャード

無敗の3連勝中、セダブリランテスは


後の飛躍が期待できるタイプという点では

2頭とも狙う価値がありそうです。

 


一方で過去10年間3歳馬の成績は

09ヴィーヴァヴォドカ(牝)14着(13人気)

10コスモヘレノス (牡)  3着( 9人気)

15レーヴミストラル(牡)  3着( 3人気)

(0,0,2,1)

この時期の3歳馬は秋華賞や菊花賞へ向かう事が
多くサンプルが少ないものの連対馬は0

ただし、3頭中2頭が馬券になっているという
見方もできます

レーヴミストラル、コスモヘレノスあたりでも馬券になるなら・・・

 


スワーヴリチャードについて

秋は菊花賞へ向かうと思っていましたが、調整の遅れがあったようでこのレースへ

ダービー2着のトップクラスの3歳馬はまずここを使わないので過去10年の3歳馬成績

のデータを覆すかもしれません

3歳馬低レベル説はありますが、”馬肥ゆる秋”

10月になってサングレーザー、アメリカズカップがOPでも勝利をあげ

ダービー2着馬にも成長を期待したいところ

鞍上は高額賞金レースで勝負強いデムーロ騎手

この馬が飛べば高配当という魅力はありますが

やはり馬券を買う上で消すのは難しそうです。

 

セダブリランテスについて

菊花賞は右前脚の挫跖で回避となったようですが

ここまで3戦無敗というのはやはり魅力

鞍上、戸崎騎手の重賞成績に不安があるものの

アルゼンチン共和国杯の過去の勝ち馬が将来的にも活躍馬を出しているという点では

今回高齢馬も多く出走しそうなだけにやはり怖い一頭です。


特にスワーヴリチャードが惨敗するようなこととなれば

JCに出走予定のレイデオロの評価も下がると思います。

今後の古馬王道路線を盛り上げるためにも

なんとか恰好をつけて欲しいと思います。


個人的な馬券は当日のパドックを見て

3歳馬どちらかの単勝を買って応援するつもりです。

そろそろ当てたい!

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です