【ジャパンC】キタサンブラックとレイデオロではどちらが勝つと思いますか?競馬2017

スポンサードリンク

 

GⅠ6冠馬キタサンブラック、今年のダービー馬レイデオロ

一発勝負のJCではどちらが勝つと思いますか?


気になったネット上の意見を調べてみました!


「普通にキタサン圧勝」

GⅠ6勝はもはや名馬の域、普通に考えればやはりキタサンブラックですかね

 


「サトダイが斤量差で勝てるんだからレイデオロでも勝てる」

サトノダイヤモンドがキタサンブラックに勝ったのは昨年の有馬記念

斤量はサトノ55、キタサン57

JCでも牡馬の場合 3歳馬55 古馬57 ですから同じく2キロの斤量差があります。

過去10年JCで3歳馬がJCを勝ったのは2回

2012 ジェンティルドンナ(牝馬クラシック3冠)

2010 ローズキングダム(皐月4着、ダービー2着、菊2着)

(1位入選のブエナビスタの降着により繰り上がり優勝)

ジェンティルドンナは牝馬ということで勝った時の斤量は53キロ

古馬に2キロの斤量差で勝ったのは10年で1頭、やはり3歳馬が勝つのは厳しいと言えそうです。

 

「ガチでやったらレイデオロじゃ敵わないと思うが

年寄の激走後の今回のJCに関しては千載一遇のチャンス」

「キタサンブラックの極悪馬場の反動を考えたら、レイデオロに馬券の触手が伸びる」

キタサンブラックは不良馬場の天皇賞秋の疲労が心配されます

一方、万全と言えるローテーションを組んだダービー馬レイデオロ

疲労を考慮すればレイデオロに分がありそうです。

 

「菊花賞馬キセキにいとも簡単に勝ったんだから相当に強いだろレイデオロは」

神戸新聞杯でキセキに2馬身差の完勝だったレイデオロ

後にキセキが菊花賞でハイパフォーマンスを見せたことでレイデオロの評価が上がったとも言えそうです。

そのキセキもJC参戦を予定

個人的には「死のローテ」を言われる菊→JCではなく

名馬を多く生んでいる菊→有馬記念に向かって欲しいと思っていますが・・・

キセキも前走の菊花賞が泥んこの不良馬場、反動が心配です。

 


「レイデオロも語り継がれる名馬になるためにも早くGⅠ二勝目を挙げたいところだよな」

その年のダービー馬がJCを勝ったのはジャングルポケットの2001年まで遡ります。

ジャングルポケットのJC前までの戦績は(4-1-2-1)

アグネスタキオンがいたことも影響してか意外と負けてる印象です。

 


「負けた皐月賞以外は強い勝ち方してるよね」

一方、レイデオロの戦績は(5-0-0-1)

着外は休み明けの皐月賞のみ、底を見せてないと言えるかもしれません。

しかし3歳秋くらいまでなら綺麗な戦績の馬はたくさんいるわけで

そこから強豪古馬や同世代の上がり馬達と戦ってどんどん戦績が汚れていくことが多いですよね

果たしてレイデオロはどういう道をたどるのでしょうか。


「ダービー前半63.2、神戸新聞杯61.4のドスローでの強さはわかったけどペースが上がると未知数」

レースがスローならレイデオロにもチャンスがありそうです。

ただスローにしたくないキタサンブラック、武豊騎手の乗り方にも注目です。

あがり3Fの競馬ではなく4Fの競馬がキタサンブラックの特徴のひとつかと思います。

天皇賞秋のように出遅れがなければ他の馬より早めに仕掛けることが予想されます。

それに対するルメール騎手の騎乗にも注目です。


その他

「成長力対決でもあるね」

血統キンカメ
ダービー馬レイデオロ

血統タイド
菊花賞馬キタサンブラック


調教師対決

「スパルタ清水のキタサンと
ゆとり藤沢のレイデオロか
どう見てもキタサンだろう 」

古馬vs3歳馬

「絶対キタサンだわ
レイデオロどうこうじゃなくて3歳に負ける姿が浮かばない」


今年の3歳は低レベルと言われますが、

それに反するようにレイデオロの奮起に期待します

また、JCを盛り上げるためにもアルゼンチン共和国の3歳馬2頭

特にダービー2着のスワーヴリチャードの走りに注目しようと思います。


休み明け2戦目の勝率100%のキタサンブラックに今回万全のローテーションで

挑む形となるレイデオロ、どちらかは負けてしまうことになりますが、

名勝負を見せて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です