武蔵野ステークス2017出走予定馬と展望 今年も波乱!?1人気の成績と注目馬!

スポンサードリンク

 

武蔵野S過去10年
1番人気の成績は(2,3,2,3)


昨年は伏兵タガノトネール(8人気)が勝利し1人気モーニンが7着に敗れたことで
波乱となった武蔵野S

過去10年、1人気の複勝率は70%ながらも3連単10万超えは5回。
その原因は1人気馬の勝率が低いことにあるかもしれません。

穴党としては、今年も荒れることを期待してしまいますが
そんな今年の注目馬について

予想オッズで1番人気になりそうなのがカフジテイク(牡5歳)

重賞初勝利を飾った根岸S以来、勝利から遠ざかっているものの
初のGⅠ挑戦となったフェブラリーSでは上り最速を記録しての3着

その後も果敢にドバイに遠征しゴドルフィンマイル(GⅡ)で5着、プロキオンS(GⅢ)2着、
盛岡の南部杯(GⅠ)4着と安定した成績を残しております。

昨年の6月安芸S(1600万)以降はJRAのレースにおいて必ず

上り2位以上を残しており確かな末脚を武器に重賞2勝目のタイトルを狙います。
昨年の武蔵野Sは6番人気ばがら3着
今年のフェブラリーSでも1番人気に支持されておりその実力は折り紙付き

東京のダートコースは(3,0,2,0)と馬券圏内パーフェクト
得意の舞台でどのような走りを見せるのか注目です。


予想オッズで2番人気となりそうなのがサンライズノヴァ(牡3)

今年のユニコーンS(GⅢ)では、スタートでやや立ち遅れながらも中団から上がり最速の末脚で抜け出し0.7秒差の圧勝。

初の古馬との対戦となった前走グリーンチャンネルCでも、上り最速となる34.7を使って快勝。

東京コースは3戦3勝と大の得意コース。先行から追い込みまで脚質の幅も広くこちらも注目です。


予想オッズで3番人気となりそうなのがベストウォーリア(牡7)

2015年のフェブラリーSから掲示板を外したのは前走の南部杯(6着)のみととにかく安定感は抜群です。

JBCスプリント(GⅠ)やフェブラリーSの2着など、実績は申し分なし。

古豪の意地を見せられるか注目です。

その他では

前走金沢の白山大賞典を勝ったインカンテーション(牡7)

UAEダービー3着の実績ゴールデンンバローズ(牡5)

昨年のフェブラリーS覇者モーニン(牡5)

2015年のジャパンDダービーや武蔵野Sを制しているノンコノユメ(セン5)

などが出走を予定

1着馬にはチャンピオンズC(GⅠ)への優先出走権が与えられる武蔵野S

昨年に続いて今年も荒れるのでしょうか?

波乱を期待しながら予想を楽しもうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です